ゼニカルの副作用を解説

当サイトは脂肪吸収抑制剤「ゼニカル」の解説サイトとなっています。

 

とりあえずゼニカル最安値サイトの「オオサカ堂」を見てみたい方はこちらからどうぞ。

 

家族バレなし・最安値の「オオサカ堂」を見てみる

 

ゼニカルの利点

ゼニカルの作用は、「食べた食事に含まれる脂肪の30%を体外に排出する作用」となります。

 

例えばステーキを200gには、およそ40gの脂肪分が含まれています。そのうち30%の13g分、カロリーにして120kcalが便として排出されるのです。

 

 

120kcalと聞くと大したことないようにおもえますが、それが1カ月続くと3600kcal、1年で40000kcalになります。7000kcal減で体重は1kg減ると言われているので、この場合は6kgダイエットできることになります。

 

脂っぽい食事が好きな場合は、ゼニカルは大きなダイエット効果を発揮するわけです。

 

できるだけ安く買うには?

 

ゼニカルをクリニックで購入する場合、毎月3万円程度かかることになります。

 

「毎月数万円かかるのは困る…」

 

という場合は、個人輸入ショップ「オオサカ堂」でゼニカルジェネリックの「オルリファスト」を購入することを考えてみてください。

 

ジェネリックは、元の薬品と成分は同じで、価格が安くなっている製品のことです。つまり、オルリファストは「ゼニカルと成分が一緒で、価格が安い」ということです。

 

ゼニカル オルリファスト
価格:約120円(1錠あたり) 価格:約60円(1錠あたり)

 

個人輸入はもともと相場の1/3程度で買えるのですが、オオサカ堂のオルリファストの場合はジェネリックなのでさらに安くなっており、相場の1/6程度の最安値価格で買うことができます。

 

※オオサカ堂では、1度に多くの分量を買うほど安くなる仕組みになっています。なので、最初は2箱(42錠×2)を買うのが理想的でしょう。1箱だと割高になりますし、逆に3箱以上買ってしまうともし体に合わなかった時無駄になってしまいます。

 

また、ゼニカルを利用するとビタミン不足が心配になりますが、オオサカ堂のオルリファストの場合はビタミン剤がついてきますので、個別に買う必要がなく、なおかつ安いです。

 

  オルリファスト(ビタミンサプリなし) オルリファスト(ビタミンサプリあり)
分量 オルリファスト82錠(1カ月分) オルリファスト82錠(1カ月分)ビタミンサプリ180錠(1カ月分)
価格 約4400円 約5300円

 

↑の表を見るとわかりますが、およそ900円で1か月分のビタミンサプリがついてきます。別に用意するならビタミンサプリなしでもいいと思いますが、面倒なら両方セットの物を買うとお得です。

 

最安値で購入できる「オオサカ堂」を見てみる

 

家族バレ対策も考えておこう

実家で暮らしていたりすると、届いた荷物が家族に見られるのはイヤだという場合もあるでしょう。何が入っているかわからないように発送されたとしても、開けられてしまうと意味がありません。

 

その点、オオサカ堂は「郵便局留め」に対応しているので、家族バレの心配が一切ありません。郵便局に頼んだ商品が置かれることになるので、後で取りに行けばいいのです。心配であれば少し離れた郵便局を指定しておけば、ほぼ100%バレることはありません。

 

注意点としては、

 

  1. 初回購入時は銀行振り込みのみ(2回目以降はクレジットカードが使える)
  2. 荷物到着お知らせがない

 

上記2点に注意してください。とくに荷物到着のお知らせがないので、忘れないように注意しましょう。購入後、貨物番号のお知らせが届くので、1日1回程度、郵便局のサイトでチェックしておきましょう。だいたい注文から10日程度で郵便局に届きます。

 

家族バレ対策も万全の「オオサカ堂」を見てみる

 

ゼニカルの副作用の危険性とは

ゼニカルのダイエット効果は高いですが、医薬品なので副作用が出ることがあります。人によってゼニカルの副作用の出る・出ないは違ってきますが、人によっては強めの副作用が出ることもあるので、事前に知っておきましょう。

 

具体的なゼニカルの副作用は↓のとおりです。

脂を大量に含んだ便が漏れる可能性がある
便と一緒に栄養素も排出してしまうので、栄養不足に陥る
 ※1
健康保険が効かないので、クリニックで買うと毎月3万円程度の出費が必要となる
 ※2

 

※1 ゼニカル(オルリファスト)を服用する場合は、ビタミン剤などを同時に摂るようにする
※2 個人輸入を利用することで、毎月5000円程度の出費に抑えることができる

 

このように、個人輸入を利用することで、ゼニカルの副作用の悩みを減らすことができます。

 

ゼニカルの概要

ゼニカルは消化抑制剤です。肥満外来で処方されているダイエット用の医薬品です。肥満の治療に対して、大きな効果が確認されています。開発したのは、タミフルでも有名な製薬会社、スイスのエフ・ホフマン・ラ・ロシュです。

 

ゼニカルは、食事として体内に取り込んだ脂肪を、消化することなく、便としてそのまま体の外に出します。通常であれば体内に吸収されてぜい肉になるはずの脂肪が排出されるわけですから、ダイエットに効果があるのは納得できる話です。ですから脂の多い食べ物を好んで食べる方、そういった方向けのダイエット薬だと言えるでしょう。

 

ゼニカルには、肥満を原因とする高血圧症、糖尿病の原因となる高血圧、高コレステロール、高血糖などを回避する効果も確認されています。

 

日本国内では一般販売はされていないため、ゼニカルは医師に処方してもらう形で入手します。知識を持っているようであれば、個人輸入で安く手に入れるという方法もあります。

他にもダイエット用医薬品はあります。サノレックスをはじめとする、食欲抑制剤とよばれている薬品です。食欲抑制剤には中枢神経に作用し、脳が空腹感を感じないようにして、無理やりに食欲を抑える効果があります。ゼニカルにはそういった脳に作用する効果はないようです。

 

危険性の高いゼニカル副作用について

 

排便のコントロールが難しくなる

ゼニカルを服用した人のうち、10%程度の人に、排便のコントロールができなくなり、脂の大量に含まれた便が垂れ流されてしまう副作用の危険性があります。

 

ゼニカルの副作用の中に、おならの回数が増えることがあります。もちろんそれだけなら、そこまでのリスクはありませんが、おならと共に便が排出することも多いようですし、単純にお腹が緩くなり漏らしてしまうこともあるようです。

 

そうなってしまうとおむつやナプキンの着用はしたほうがいいかもしれません。自分の意思とは無関係に排便してしまうので、事前に備えをして、不意に漏れてしまうのを防いだほうがいいです。知らずにゼニカルを使ってしまい、外出先で漏らして恥をかいてしまった、という例が、まれにですがあるので、事前にそういう副作用があることは知っておくべきでしょう。

 

栄養素も一緒に排出される

他にも副作用はあります。ゼニカルの一番の特徴、それは脂を吸収することなく体外へ排出する事です。その結果、ビタミンEやベータカロチン等の脂溶性ビタミン(脂に溶け込む事で体内に吸収される)も共に体外に排出されてしまい、ビタミン不足が起こってしまいます。

 

その結果、肌荒れや抜け毛などの美容面でのデメリット、さらには肝臓障害や心肺機能の低下などさまざまな重大な副作用が発生する例もあります。

 

出費が高い

クリニックで処方してもらう場合、1錠あたり350円程度かかります。1日3錠だと1カ月あたり3万円、年間40万円近い出費となります。それに加えて、副作用対策としてビタミン不足を補うサプリなどを購入すると、さらに負担は大きくなります。

 

それだけかけても半年で数キロしか痩せなかった、という例もザラにあるので、費用対効果がよくないことがあります。

 

このように、ゼニカルの主な副作用は「排便が止まらなくなる」「栄養素も一緒に排出される」の2点。さらに「費用が高い」のもデメリットとなります。

 

しかし、それ以外にも人体に影響の大きい副作用が確認されているので、ここでご紹介します。

 

肝臓障害のリスク

ゼニカルの副作用として肝臓障害がある

肝臓障害といえば「アルコールの影響」が思いつくと思います。事実、脂肪肝や肝硬変などの肝臓障害はアルコールが主原因となり、多くの人を悩ませています。

 

しかし、肝臓障害はそれだけではありません。例えば、肝炎ウィルスによるウィルス性肝臓障害というものも存在しており、「A型肝炎」「B型肝炎」「C型肝炎」などのウィルス性肝炎が確認されています。

 

そして、薬剤が原因でかかってしまう「薬剤性肝障害」というものもあるのです。薬剤を服用することにより幹細胞が破壊されたり、黄疸を引き起こすことがあります。

 

この「薬剤性肝障害」には、薬剤そのものに肝臓への毒性がある「中毒性」と、アレルギーを持つ人がかかる「アレルギー性」の2種類があり、ゼニカルの場合は後者の「アレルギー性」となります。アレルギー性なので人によっては激しく反応することがあり、肝臓の移植手術が必要になるほどの重大な肝臓障害を患うケースもあります。自分がゼニカルに対してアレルギーを持つかどうかは服用するまでわからないので、ある意味ギャンブルと言えるでしょう。

 

ゼニカルの副作用からくる薬剤性肝障害の症状は以下の通りです。

 

倦怠感黄疸・食欲不振・発熱・発疹・吐き気・嘔吐・かゆみ

 

※黄疸(おうだん):皮膚や目が黄色くなる症状。肝障害によって、肝臓で作られる胆汁の成分となる「ビルビリン」が増加し、顔などが黄色くなる。

 

上記の症状のうち、特に「倦怠感」と「黄疸」は肝臓障害の代表的な症状となるので、ゼニカルを服用して上記のような症状が出る場合はすみやかに服用をやめて医師の診察を受けましょう。

 

また、ゼニカルを含む薬剤性肝障害の場合、症状が現れる前に血液検査などでALT(GPT)・AST(GOT)の値が上昇することが多いので、定期的な血液検査によって事前に副作用を防ぐことができることもあります。

 

胆石症のリスク

こちらも肝臓の病気の一種ですが、肝臓障害とは別物となります。

 

胆石症とは、肝臓から分泌される胆汁の成分が、胆のうなどで固まってしまう病気のことです。症状としては、背中に違和感を覚えるところからはじまり、進行すると疝痛(せんつう)と呼ばれる独特の胸の激痛が起こります。狭心症や心臓発作の痛みに似ているので胆石症の発見が遅れることもあり、見つかりにくいのも厄介です。

 

もともと胆石症はダイエットによって発症しやすくなることが知られています。胆石の成分の1つにコレステロールがあり、肥満の人は胆石ができやすいのですが、肥満の人が食事制限などで低カロリー状態になることによって、胆汁が蓄えられやすくなり、余計に胆石症になりやすくなるのです。

 

そこにゼニカルの脂肪吸収阻害効果が加わると、食事制限よりもさらに急激なダイエットとなるため、胆石症の確率はさらにアップしてしまいます。報告によると、食事療法のダイエットだけでもおよそ2%の人が胆石症になってしまうのに対し、ゼニカルによるダイエットをした人は約3%となるため、1.5倍もの胆石症リスクがあることがわかります。

 

ゼニカルの副作用で肺がんになる?

 

「ゼニカルを飲むと肺がんになりやすくなる」という話を聞いたことがある人も多いかもしれませんが、「肺がん」に関しては分かっていないことが多いです。

 

過去に米国FDA(米国食品医療品局)が「ゼニカルには肺がんを誘発する可能性がある」としてゼニカルの認定を先延ばしにした経緯があります。その後、2000年に認定されています。その後のデータでも、肺がんとの関連性については確認されていません。

 

だからといって安心というわけではありません。肝臓障害、さらには胆石症のリスクについてはデータで確認されていますし、肺がんなどについても「まだわかっていない」という状態に過ぎません。もし不安であれば、避けたほうがいいでしょう。

 

ゼニカルを避けたほうがいい人

ゼニカルには副作用があるので、「避けたほうがいい人」というものが存在します。

 

肝臓障害がある人

もともと肝臓障害(アルコール性、ウィルス性など)がある人は、ゼニカルを飲むことによってさらに肝臓障害が悪化する可能性があるので服用はNGです。

 

胆石症の人

肝臓障害の場合と同じく、すでに胆石症の人はゼニカルによって症状が進行する可能性が高いので服用はできません。

 

妊婦・授乳中の方

ゼニカルの効果が胎児や授乳中の赤ちゃんに悪影響を与える可能性が高いので、服用はNGです。

 

>>ゼニカルの妊娠中の影響 赤ちゃんの成長を阻害する可能性

 

飲み合わせの悪い医薬品を飲んでいる方

 

  1. シクロスポリン
  2. チラージン
  3. ワーファリン
  4. 抗てんかん薬

 

上記の医薬品は、ゼニカルとの飲み合わせが悪く、副作用が現れやすいため服用はNGです。

 

ゼニカルの効果について
ゼニカルの基本的な効能は、食事として体内に入ってきた脂肪を吸収することなく、そのまま体外へ排出してしまう効果をもっていることです。

 

そもそも脂肪は、脂肪酸と呼ばれている小さな物質が固まり、大きな塊になったものを脂肪と呼んでいます。脂肪の吸収は、腸で行われていますが、固まった大きなサイズの脂肪では、人間の体は吸収できません。リパーゼと呼ばれる脂肪を分解する酵素、これが脂肪を分解し脂肪酸という小さな塊にします。そうする事で脂肪を人間が吸収する事の出来るサイズにしているのです。

 

ゼニカルの主な成分のオルスタリットは、脂肪分解酵素、リパーゼの働きの阻害を行います。リパーゼが働かなかった結果、摂取した脂肪は分解されず、脂肪のサイズは大きいままです。そして三割の脂肪は分解されず、そのまま便として排泄されてしまうため、体に負担をかけるような食事制限はせず、特にダイエットらしいダイエットをする事無く、食前にゼニカルを飲む、それだけで理想体型にちかづく薬なのです。

 

ゼニカルの副作用などについての体験談

 

ゼニカルを服用した際の副作用などについて、体験談を募集しております。下記フォームから投稿できますので、ぜひご投稿ください。

 

※公序良俗に反する内容などは掲載できません。あらかじめご了承ください。

 



 

ダイエット情報サイト こちらも注目!

 

→ 副作用の強い痩せ薬「リデュース」について