油漏れはどの程度起こる?

油漏れはどの程度起こる?

油漏れの危険はゼニカルの服用を続ける限り常にあります。ゼニカル服用中は便に油が混じるだけでなく、お腹がゆるくなることや急激な便意が起こることがあるので気をつけましょう。

 

おならをしたり、くしゃみをしたり、何か重いものを持ったりして、お腹に圧力がかかった時に、普段と違いそこで漏らしてしまうことがあります。職業柄重い物を運んだり、会議が多く、トイレに行く回数が制限されてしまう方は、服用中にはナプキンやおむつで身を守りましょう。油混じりの便が出るということは、薬が効いているということですから、油漏れはある程度覚悟しておく必要があります。

  1. 重いものは持たない。
  2. おならやくしゃみはなるべくトイレでする。
  3. 会議などでどうしてもトイレにいけない状況ではおむつかナプキンを着用する。

 

気休め程度の自衛策になってしまいますが、ゼニカルを服用中はこれらに気をつけるようにしてください。

 

もう一段階上の症状が出てしまう場合もあります。自分の意識とは関係なく気づいたら垂れ流してしまっているという状態です。

 

これはゼニカルを長期間服用し続けた場合に発生することが多いようです。基本的には服用を続けて三か月以内に発生しますが、症状が出てから1週間、長ければ4週間で症状は軽減してきます。しかし、体質に合わなかった場合などの理由で半年以上この症状が続く可能性があります。

 

強い症状が発生した場合には、服用をやめましょう。排便機能に関する後遺症は無いようですから、薬の成分が体内から完全になくなれば、症状は数日程度で無くなります。

関連ページ

持続時間は?用事があるときは何日前から服用をやめる?
ゼニカルはどの程度の持続時間があるのかをご紹介しています。また、ゼニカルの持続時間から、どうしてもカロリーの高い食事をしなければならない用事があるときに、どんな対策をしたらよいかも説明しています。
食事量の多いときだけ飲んでもいい?
ゼニカルは食事の中に含まれる脂を排出する医薬品です。そのため、食事量が多いときに飲むとそれだけ効果が期待できますが、注意点もあります。
海外で購入できるの?
ゼニカルは日本では購入できません。なので、海外からの個人輸入、もしくは海外での直接購入することになります。ただし法律面などに留意する必要があります。
油が出ないのはなぜ?
人によっては、ゼニカルを飲んでいるのに油が出ないということがあるようです。その理由は、油ものを食べていないからだとか、耐性がついてしまったなどさまざまです。