ゼニカルは糖尿病の対策になる?

糖尿病の解決になる?

ゼニカルはダイエット医薬品なので、糖尿病の対策になるのではと考えるのも無理はありません。

 

しかし、ゼニカルを飲んだからと言って、糖尿病が劇的に改善することはありません。

 

ここではそのメカニズムを解説します。

 

糖尿病の原因は「糖質」

糖尿病は太っている人がかかる病気、というイメージがあるため、脂肪の取りすぎが悪い、だからゼニカルを飲んで脂肪を出そうというのは自然な考え方です。しかし、糖尿病の主原因は「糖質」にあります。基本的には、ご飯やうどん、パン、お酒、お菓子などの糖質の多い食べ物を食べ過ぎているのが原因となります。

 

痩せていても糖尿病の人がいることから分かる通り、日本人は糖質を食べ過ぎても太りにくいぶん、糖尿病になりやすい種族と言われています。これはインスリン抵抗性と呼ばれるインスリンの効き目が弱いことを示しており、高糖質に向いていないということでもあるのです。

 

そして、ゼニカルはこういった「糖質」を排出することはできません。あくまで作用があるのは「油」であり、糖質を減らすことはできないのです。

 

間接的な対策にはなる

 

確かに脂肪分を取りすぎることにより、肥満や高脂血症になってしまうと、インスリン抵抗性となって肝臓や筋肉などでインスリンが正常に働かなくなり、糖尿病を促進してしまう恐れはあります。なので脂肪を減らして痩せることが糖尿病の対策の1つにはなります。

 

したがって、ゼニカルを飲んで脂肪を排出し、ダイエットをすることは糖尿病予防の1つにはなるでしょう。しかし、やはり糖尿病の予防は糖質制限が第一です。ゼニカルに頼るだけでなく、糖質制限の方に注力するほうが効果は出ます。

 


関連ページ

持続時間は?用事があるときは何日前から服用をやめる?
ゼニカルはどの程度の持続時間があるのかをご紹介しています。また、ゼニカルの持続時間から、どうしてもカロリーの高い食事をしなければならない用事があるときに、どんな対策をしたらよいかも説明しています。
食事量の多いときだけ飲んでもいい?
ゼニカルは食事の中に含まれる脂を排出する医薬品です。そのため、食事量が多いときに飲むとそれだけ効果が期待できますが、注意点もあります。
油漏れはどの程度起こる?
ゼニカルについてのQ&Aコーナーです。さまざまな疑問についてお答えしているので、ゼニカルの使用について不安な要素がある場合はのぞいてみてください。
海外で購入できるの?
ゼニカルは日本では購入できません。なので、海外からの個人輸入、もしくは海外での直接購入することになります。ただし法律面などに留意する必要があります。
油が出ないのはなぜ?
人によっては、ゼニカルを飲んでいるのに油が出ないということがあるようです。その理由は、油ものを食べていないからだとか、耐性がついてしまったなどさまざまです。
運動なしで痩せる?筋肉や筋トレの影響は?
ゼニカルは食べた脂肪分を排出する医薬品です。そのため、運動なしでも痩せることは可能ですが、注意点もあります。また、筋トレをして筋肉を付けたい場合には、ゼニカルがジャマをする場合もあります。