運動なしで痩せる?筋肉や筋トレの影響は?

運動なしで痩せる?筋肉や筋トレの影響は?

ダイエットというとどうしても「運動がないと痩せない」というイメージがあります。

 

しかし、ゼニカルは食べた脂肪を排出してくれるので、ゼニカルさえ飲んでいれば運動は一切しなくても痩せると考える人もいるでしょう。

 

ここではゼニカルと運動の関係について解説します。

 

運動なしでも痩せる!でも運動したほうがさらに良い

ゼニカルは、摂取した脂肪分の30%を排出してくれる医薬品となります。仮に1日50gの脂肪分を摂取していたとすると、およそ500キロカロリーとなるので、ゼニカルを飲むことで150キロカロリーをカットでき、理論上では2カ月あたり1キロくらい痩せることができます。

 

そう考えると、運動なしでも痩せられると言うことはできるでしょう。ただ、ゼニカルを飲むだけのダイエットの場合、運動もなしですし、食べる量も変わらないので、ゼニカルを飲むのをやめるとすぐに元通りにリバウンドすることになります。

 

そうなると、体重を維持するためには、一生ゼニカルを飲み続けることになります。

 

運動して基礎代謝を上げよう

ゼニカルを飲むと確かに体重は落ちるので、「ちょっとの期間、体重を落としたい」「イベントに合わせて減量しておきたい」という場合にはかなり役立ちます。

 

しかし、先ほども言った通り、ゼニカルを飲むだけのダイエットの場合、飲んでいる間は体重が落ちますが、運動も食事制限もしていないので、ゼニカルを飲むのをやめると体重は元に戻ります。

 

なので、「減量した体重を維持したい」という場合は、

 

・運動
・食事制限

 

のどちらかが必要です。

 

ダイエット医薬品には、食欲を減らす「食欲抑制剤」と、ゼニカルのような「脂肪排出薬」の2種類があります。その中でゼニカルを選択するということは、「食べる量はなるべく減らしたくない」ということなので、上にあげた対策としては「運動」の方をおすすめします。

 

少しでも運動を継続することで、筋肉がつき、「基礎代謝」がアップするため、同じ量の食事をしていても体重を維持しやすくなります。ゼニカルを飲むのをやめたときに、以前よりも基礎代謝が上がっていれば、すぐにリバウンドするのを防ぐことができるのです。

 

ゼニカル服用中の筋トレの注意点

ゼニカルを服用して痩せつつ、筋トレをして筋肉を増やし、基礎代謝をアップしよう!という人も多いことでしょう。

 

ただ、ゼニカルを飲んでいる場合は、筋トレのジャマになることもあります。

 

というのも、ゼニカルは脂肪分だけでなく、ビタミン類も同時に排出してしまう作用があります。ビタミンの中でもビタミンB類は筋肉を効率よくつけていくために必要なので、排出されると筋肥大の効率を落としてしまいます。

 

そうなると、せっかく筋トレをしているのにうまく筋肉がつかず、基礎代謝が上がらないということになってしまいます。

 

そこで、ゼニカルを飲んでいる間に筋トレをするなら、マルチビタミンサプリなどを摂取し、ビタミンB類もしっかり補充していくようにしたほうがよいでしょう。

 

なお、脂肪分が排出されることについては筋肉肥大にはそれほど影響はありません。筋肉はアミノ酸によってつくられるので、きちんと肉類やプロテインを摂取いておけば問題はありません。


関連ページ

持続時間は?用事があるときは何日前から服用をやめる?
ゼニカルはどの程度の持続時間があるのかをご紹介しています。また、ゼニカルの持続時間から、どうしてもカロリーの高い食事をしなければならない用事があるときに、どんな対策をしたらよいかも説明しています。
食事量の多いときだけ飲んでもいい?
ゼニカルは食事の中に含まれる脂を排出する医薬品です。そのため、食事量が多いときに飲むとそれだけ効果が期待できますが、注意点もあります。
油漏れはどの程度起こる?
ゼニカルについてのQ&Aコーナーです。さまざまな疑問についてお答えしているので、ゼニカルの使用について不安な要素がある場合はのぞいてみてください。
海外で購入できるの?
ゼニカルは日本では購入できません。なので、海外からの個人輸入、もしくは海外での直接購入することになります。ただし法律面などに留意する必要があります。
油が出ないのはなぜ?
人によっては、ゼニカルを飲んでいるのに油が出ないということがあるようです。その理由は、油ものを食べていないからだとか、耐性がついてしまったなどさまざまです。
ゼニカルは糖尿病の対策になる?
糖尿病の主原因は血糖値の上昇です。つまり糖質が原因ということなので、脂肪は直接の原因ではありません。そのため、ゼニカルを飲んだからと言って糖尿病が解決するわけではありません。