ゼニカルの飲み方・服用方法

ゼニカルは用法・用量を守って服用しよう

ゼニカルの飲み方はしっかりと定められています。医薬品なので、用法・用量が決まっているのです。基本的には、その通りに服用していけばいいことになります。

 

具体的なゼニカルの飲み方は以下の通りです。

 

 

・食事と同時、もしくは食後1時間以内にゼニカルを服用する。
 →食前だと効果は薄い。食べたものが胃に到達して消化され始める、食後1時間以内くらいが一番効果大。

 

・1日3食ごとに毎度ゼニカル1錠を服用する。
 →食事の脂肪分を排出するのが目的なので、食事のたびに服用したほうがよい。

 

・飲み忘れた場合は後で服用しない。
 →食後1時間以上経っているのに服用したり、1回に2錠分を服用するのはNG。飲み忘れたらその回は飲むのをやめる。

 

・食事を抜いたときはゼニカルは服用しない。
 →食事をしない場合は排出する脂肪分がないので、ゼニカルを飲んでも意味がない。

 

・脂肪の少ない食事の場合、ゼニカルの服用は必要ない。
 →排出する脂肪がないので、飲まなくてよい。

 

ゼニカルの効果には個人差があるので、人によって体重がなかなか落ちないといったこともあると思いますが、だからといって飲む量を2錠に増やすなどの服用方法は絶対にNGです。必ず用法・用量はしっかり守るようにしましょう。また、飲み忘れたときはそれほど気にせず、「次に飲めばいいや」という気持ちを忘れないようにすることも大切です。副作用のリスクが高い医薬品なので、飲みすぎはとにかく注意です。

 

ジェネリックも飲み方はいっしょ

 

ジェネリックとは、簡単に言うとゼニカルと内容は同じだが、価格が安い医薬品のことを指しています。つまり、価格以外はゼニカルとほとんど同じなのです。当然、用法・用量も全く同じなので、「ジェネリックだから多く飲んでも大丈夫」ということはありません。

 

繰り返しになりますが、

 

・一度に2錠飲まない
・飲み忘れたら多く服用したりしない

 

ということに留意してください。

 

ゼニカル服用時の注意点

 

ゼニカルの効果として、「脂肪分の排出」というものがあります。食事中のアブラを輩出してくれる作用なのですが、実はこれは時間を選びません。

 

つまりどういうことかというと、朝晩を問わずおしりからアブラが垂れ流されてしまうということです。寝ている間も自然とアブラが出てくるので、オムツや生理用品を着用するのは必須と言えるでしょう。

 

おならをしたときもアブラが出てきてしまうので、常に注意しておく必要があります。とくに薄着の季節は漏れたアブラがおしりのところで目立ってしまうので、オムツなどの着用は必須です。

 

また、お腹が下痢気味になるという副作用もありますので、外出時はゼニカルだけでなく下痢止めも用意したほうが無難です。便秘気味だからといって油断せず、常に持ち歩くことを意識しておきましょう。